個人輸入代行サービスと海外通販サイトの事情と信用

top2-1

■個人輸入や海外通販の詳細
通販が発達している国はやはりアメリカでしょう。都心周辺の住人は近くのお店で買い物をすれば何でも手に入いりますが、そうでない人は大変です。ご存じの通り、アメリカはとても広大です。隣の街まで買い物に行くのに車で何時間若しくは、何日かかる距離を進みます。このような状況ですから、アメリカの通販では何でも手に入るといいます。なんと飛行機や動物でも、とても高価なダイヤモンドでもカタログショッピングで手に入ります。それは、あの広大な土地が通販システムを進化させたといえます。

それと、アメリカではテレビショッピングも人気です。一つの商品の為だけにホームページを立ち上げることもよくあることです。そして、そのアドレスをテレビ画面に大きく表示することで、ネットショッピングと連動させているのはよく見ます。

次に通販が発達している国はイギリスでしょう。海外に植民地を数多く持つ国なので、本国から商品を発送するシステムが早くから発達していたことが背景にあります。欧米ではカタログショッピングに深い歴史があり、一つの需要と供給として定着しています。つまり欧米の人達は通販を信用して利用しています。 通販会社側でも評判や信用というものをとても大切にしています。少しでも聞いたことのある名前の通販会社なら心配はいらないでしょう。ブログ等で各ネットショップの噂も調べて判断してもよいでしょう。

アメリカの話に戻りますが、アメリカはインターネット発祥の地でもあることから、今では一般家庭に随分身近なものに発達していますが、普及率は日本と比べものになりません。インターネットに接続する為の電話代が非常に安価といいますが、日本国民にはとてもうらやましい事ですね。通販もインターネットも発達しているなら、もちろんインターネットを使った通販も発達しています。アメリカ人は、通販の最先端でインターネットを楽しんでいるのですね。

top2-2

■個人輸入や海外通販の決済方法。

アメリカはインターネットと通販が進んでいるということは、当然クレジットカードも発達しています。アメリカ国民は財布に大金を入れて、持ち歩く事はあまりありません。治安がある地域は特に強盗にあう危険があるためです。しかもクレジットカードでほとんど何でも支払うことができます。アメリカの通販もちろんクレジットカード決済が主流です。クレジットカード以外では決済できないネットショップも最近は増えています。 

インターネットはご自身のパソコンからの情報が相手のコンピュータに届くまでにいくつものコンピュータを経由するので、誰に見られるかわからないので、クレジットカード番号をそのまま交信するのは好ましくないとよく言われています。」

しかし、Netscape(ネットスケープ)かInternet  Explorer(インターネット・エクスプローラー)でページを見ているなら心配はありません。どのショップでもあなたの名前やカード番号を入れる画面はSSLというシステムで暗号として交信するので、途中で盗み見る事は事実上不可能なのです。画面の下に南京錠やカギのマークが表示されていると思いますが、SSLが使用されている(暗号化されている)ページではそのマークが変化しています。あとはネット・ショップに関連する人間が、あなたのカード番号を悪用しない事を心配するだけですが、それは通常のお店で直接買い物をするのと同じ事です。

top2-3

■アメリカの個人輸入や海外通販の裏事情

アメリカでは、通販やインターネットで買い物をしてカードで支払う場合は、手書きのサインが無いので、何かの手違いがあった場合は、カードの持ち主が代金の引き落としを拒否する事ができる、という法律があります。

つまり、万一の事があった場合には、決済したカード会社とショップの両方に支払拒否の連絡をすれば良いのです。最近のショップは、高価な品物を発送する時は、この法律がある為に、ショップ側が受け取りのサインが取れる様な配送手段を選択することが多いそうです。 

つまり、万一の事があった場合には、決済したカード会社とショップの両方に支払拒否の連絡をすれば良いのです。最近のショップは、高価な品物を発送する時は、この法律がある為に、ショップ側が受け取りのサインが取れる様な配送手段を選択することが多いそうです。 

アメリカでは通販もカード決済も発達している、という事は信用で成り立っているという事です。つまり人のミスや手違いはあっても、少なくともお金だけ取り込んで放置する、という事はあり得ないでしょう。聞いたことのある名前の通販ショップは信用を落とす様な販売はできないので心配ありません。もちろん日本へもきちんと商品を送ってくれます。ショップにとっては、一度購入してくれたお客様をどのようにリピーターとするのがポイントなのです。

top2-4

■旅行ではクレジットカード or トラベラーズチェック?
余談ですが、中国や香港で買い物をした際、クレジットカードで支払いするのは危険のようです。カード番号を盗む組織が確認されています。買い物をする時は、現金かトラベラーズチェック(旅行者用小切手)の方がよさそうです。