輸入規制と輸入禁止されている商品

輸入規制と輸入禁止されている商品

様々な商品が個人輸入できるようになりましたが、例外もあります。様々な規制や法律があり、お互いの国の秩序や治安を守っています。以下に輸入規制、禁止されている商品の例を記載します。

個人輸入が禁止されている商品

個人輸入が禁止されている商品を下記に記載いたします。

・麻薬類(覚せい剤、コカイン、大麻等)
・けん銃、商標権・特許権等を侵害する物品
・わいせつ物品

上記の製品等があります。

個人輸入が制限されている商品

個人輸入が制限されている商品を下記に記載いたします。

輸入規制物品はワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)に基づく動植物及びこれらを原材料とする製品(毛皮、ハンドバッグ、漢方薬等)が対象となります。

また、医薬品、化粧品、食品についても物品により制限があります。

個人輸入できる数量

個人輸入が制限されてはいますが、規制された数量ないであれば、問題なく個人輸入がかのうです。下記にそれぞれの個人輸入できる数量を記載いたします。

1.医薬品
用法・分量からみて2か月分以内

ただし、要指示薬は1か月分以内、食品扱いとならないビタミン剤は4か月分以内。

2.化粧品および医薬部外品
化粧品および医薬部外品 は標準サイズで1品目24個以内

3.お酒類
個人で飲む量に限り、輸入可能です。ただしビンに入っている場合には、破損の可能性があります。

4.EMSで送れない郵便物
郵送禁止品、貴重品(現金、宝石等)をEMSで送ることはできません。

※上記の商品を個人輸入する際は、数量には気を付けてください。輸入通関の際に引っ掛かってしまうと、せっかく上手に個人輸入できても時間とコストが余計にかかってしまいます。未然に防ぐためにも、規制等については事前に調べた方が賢明でしょう。